出版物情報

幽霊でもいいから会いたい

勇樹は幽霊が視えてしまう体質だ。運悪く魔よけの数珠が壊れたまま、客先に出向いた彼は、少女の幽霊と出会ってしまう。彼女の頼みを聞くうちに、自分にとって一番大切な人に気づく「「妹」は幽霊」。

拓海は電車の窓に映る自分の顔を見て驚いた。目の下にくっきりとくまが浮かんでいたからだ。事故で死んだ嫁・麗香の幽霊ともう5年も暮らしていた。ある日、拓海に気になる女性がいることを知った麗香はその彼女を部屋に連れてくるように言うのだが…。亡くなってもなお夫を心配する嫁の思いが切ない「嫁の指定席」。

 

やさしい幽霊が心を癒してくれる、不思議な短篇小説集。

書名
幽霊でもいいから会いたい
分類
発売日
2014/09/13
著者
リンダブックス編集部/編
定価
本体 571 円+税
仕様
本文224頁、並製、A6判(文庫サイズ)
ISBN
978-4-8030-0601-8
Amazonで購入する

▲ページTOPへ

◆ 分類から見る

◆ 出版年月から見る