出版物情報

男の格差

9784803010084

男の格差」とは何か。簡単そうで、よくよく考えると、答えるのが難しい問いである。
そこで、少し問い方を変えてみよう。「格上の男」とはどういう男のことをいうのか。これならば、具体的に人物を思い浮かべながら答えやすいかもしれない。強きをくじき弱きを助ける男気のある男のことか。スクリーンの中の高倉健のような。ビジネスで成功した大富豪か。マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏のような。それとも一国のリーダーか。安倍首相のように……。どの人も、少なくとも筆者より「格上」であることは明白だが、それらを一般化して「弱い者いじめをしない男」とか、「会社の社長」とか、「各国の首相」などと表現すると、やっぱりどこかしっくりこない。
そもそも「男の格」などといった漠然とした価値は、人それぞれで基準が異なるもので、それをここでいきなり一つに統一しようというのがどだい無理な話かもしれない。
そこで本書では、「男の格差」を、まず女性の視点から考えてみることにした。そもそも、生物のオスとしての立場からすれば、女性に選ばれて子孫を残すことが人生最大のテーマの一つであることはいうまでもない。とくに繁殖年齢の男にとっては繁殖年齢の女性にもてることがいちばんの関心事であり、草食系男子が増えたとはいえ、街中にはさかりのついたヒトのオスがうようよ徘徊している。
いずれにせよ、女性がどのような価値基準で男を選んでいても、それはそれで生物学的事実であってあらがうことはできない。甘んじて受け入れなくてはならないのだ。

第1章 男の所得格差を徹底検証する
第2章 容姿の格差は人生のおもりか
第3章 堕ちる男と踏みとどまる男
第4章 男の格差は家庭力で決まる

書名
男の格差
分類
発売日
2017/02/25
著者
佐藤拓
定価
本体 780 円+税
仕様
本文192頁、並製、B6判変形
ISBN
978-4-8030-1008-4
Amazonで購入する

▲ページTOPへ

◆ 分類から見る

◆ 出版年月から見る