出版物情報

血讐

加奈子がそのニュースをはじめて見たのは勤め先のラブホテルの事務所だ。真夏の秋葉原でふたたび通り魔事件が起きたのだ。しかもそれは加奈子の兄の凶行だった。兄が振り回したナイフによって、両親と旅行で訪れていたアルバニア人の少女が殺された。
二年後、死刑判決が下されなかった裁判を見届けたアルバニア人の両親は、祖国に帰り『血讐』を宣言する。血讐とは、アルバニアで現代も続く「血の復讐」を意味した。やがて加奈子の家族に黒い影が刻々と迫ってくるのだった。
第1回日本エンタメ小説大賞優秀賞作品。

書名
血讐
分類
発売日
2013/09/14
著者
初瀬礼
定価
本体 650 円+税
仕様
本文352頁、並製、A6判(文庫サイズ)
ISBN
978-4-8030-0496-0
関連リンク
日本エンタメ小説大賞
Amazonで購入する

▲ページTOPへ

◆ 分類から見る

◆ 出版年月から見る